床や畳の食害被害にご用心~白蟻退治の要点まとめ~

専門業者だから徹底対応してくれる白蟻駆除の特徴

専門業者が行なう効果的な白蟻駆除

畳に食害が及ばないように、白蟻駆除は早期に行なう必要があります。白蟻駆除を専門にしている業者が効果的な手段を選び的確に駆除をすることで、少量の薬剤で効率よく白蟻退治を行なうことができます。ここでは駆除の特徴などをまとめました。

白蟻駆除の特徴

液剤を使用した白蟻駆除
液状の薬剤を使った白蟻駆除は、駆除方法の第一選択として選ばれています。散布・噴霧といった広範囲で液状の薬剤を撒くことはもちろんのこと、ピンポイントに刷毛で塗る等の対処ができるメリットがあります。液状の場合、土壌や木材に薬液がしみこむため、即効性も期待できます。また、薬液の濃度によっては薬効の高さを実感することができますし、長期的な効果を望むことも可能です。ただし、殺虫剤ですので、人体や家屋に悪影響を及ぼすことがあります。臭いによる不快さを感じることもあるようです。
エアゾール剤を使用した白蟻駆除
エアゾールスプレーの中に薬液を充填したものを用いて白蟻駆除を行なう場合があります。スプレーするだけで薬液が広範囲に広がりますので、狭い床下の防除等に適しています。ノズルを交換するだけで、白蟻の食害と思われる穴に直接噴射できるのもメリットの一つです。薬局で安価に購入できる商品ですが、家庭向けであるために薬剤の濃度は高くなく予防効果を求めるには若干劣るといえるでしょう。
ベイト剤を使用した白蟻駆除
白蟻駆除の選択肢として、「ベイト剤」を使用する方法もあります。これは脱皮阻害剤にあたる物で、働き蟻がベイト剤を食べることによって巣を壊滅させるという設置型の罠になります。女王蟻まで死滅できるため確実に巣をなくせる方法ですが、ベイト工法は工事を始めてから白蟻が毒餌をエサと認識するまでや、効果が出るまでの時間が読めないというデメリットがあります。

最適な白蟻駆除を提案してもらおう

白蟻のコロニーの規模や被害の程度によって、白蟻駆除の手法を検討する必要が生じます。畳の被害を含め家屋全体の被害状況を確認しましょう。また、駆除のみ・防除一式工事などといった施主側の要望を優先させるために専門業者に依頼することが大切です。

TOPボタン